看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

看護師バイト

献血ルーム 看護師バイト

献血ルーム 看護師バイト

看護師さんの中にはパート・アルバイト先として血液センターの献血ルームをお考えになっている方も多いと思います。

夜勤無しの日勤専従での勤務、残業ほぼ無しの働き方に魅力を感じている看護師さんも多いのではないでしょうか。

働きやすさから、お子さんがいるママナースからも人気の高いパート・バイト先でもある献血ルームでのお仕事。採血がメインでの職場となるため、採血スキルが高い方や採血が好きな看護師さんにオススメです。

時給も体力的に軽作業と言って良いと思いますが、業務内容を考えると悪くない時給と言えるのではないでしょうか。

例えば、2018年2月時点で見てみると、東京都赤十字血液センターの非常勤看護師の時給を見てみると、

「時給1,700円」

となっています。

日勤のみ勤務、残業無し、ブランクあり歓迎、交通の便が良い献血ルームでの勤務。プライベートを重視したい看護師さんやお子さんがいて夜勤無し、残業無しで働きたいママナースからも人気があります。

献血ルームでの仕事がオススメの看護師さん

献血ルームでのお仕事が向いている看護師さんは、例えばこういった方です。

  • 採血が好き、得意!採血メインの職場で働きたい
  • 夜勤無しの仕事がしたい(日勤専従で働きたい)
  • ルーチン業務が向いている
  • 子育てと両立して働きたい
  • プライベートも重視したい

献血ルームへの転職を希望されている看護師さんの理由として多いのは、

「夜勤無しで働ける職場だから」

といった事と、それにプラスしてプライベートの時間も確保しやすい、子育てと両立して働きやすいから、といったように複数の転職理由となることが多いようです。

夜勤無しの職場であれば他にもありますからね。献血ルームへの転職希望は、夜勤無しの働き方に加えて、何らかの希望の働き方がある看護師さんが多いと言えます。

献血ルームの看護師求人を見つけるには

献血ルームの看護師求人(常勤、パート・アルバイトなど非常勤)を見つけるには、日本赤十字社の各エリアにある赤十字血液センターの採用情報をチェックされるのが確実です。

他にも看護師求人サイトを利用しても見つけられる場合も多いです。

看護師求人サイトを利用してパート・アルバイト先を探す場合、他の職場と仕事内容や時給など待遇を比較しながら探しやすい、というメリットがありますね。

「夜勤無し日勤のみ、残業少なめの職場で探したい」

といった場合には、クリニック勤務などと迷われてる看護師さんも多いと思いますので、複数の求人提案を受けて比較・検討しながらお考えになるのもオススメです。

献血ルームの看護師求人も含め、看護師さんのパート・バイト求人を得やすい看護師求人サイトとして、

などがオススメです。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】は派遣看護師求人にも強いので、バイト、派遣どちらからも求人を探すことが出来ます。

献血ルームでの看護師バイト・パート求人の情報ですが、こうした看護師求人サイトを利用しても情報を得ることが出来ます。

お給料よりも働きやすさ、仕事のしやすさ、プライベートの充実、子育てとの両立などを重視される看護師さんに献血ルームはオススメの職場です。

献血ルームで働く看護師 給料・時給

献血ルームで働く場合、夜勤無しでのお給料となります。そのため、病棟勤務時代と比較されると低くはなりますね。

とはいえ、常勤看護師で月収25万円前後。パート・アルバイトの場合には時給1,400円~1,700円前後(地域によって異なります)と、お住まいのエリアで他の看護師バイト求人を探す場合の平均的な時給と言って良いのではと思います。

日勤のみでもっと高時給で探したい、となると訪問看護ですが、「夜勤無しでルーチン業務、残業無しで働きやすい職場」で考えると、まずまず良いお給料、時給ではないでしょうか。

運営は日本赤十字社、ということで福利厚生もしっかりしていますしね。

子供が小さい間だけ、赤十字血液センターや献血ルームで勤務、その後はまた違う職場へ転職される看護師さんも多いですよ。

献血ルームの看護師として働くメリット

献血ルームで働く看護師のメリット・デメリットについて、改めてまとめてみましょう。

夜勤無し、日勤のみ勤務で働ける

献血ルームは日中のみ開いていますから、夜勤無しでの勤務となります。

勤務する事になる献血ルームによって時差出勤などもありますので、お住まいのエリアの求人詳細を確認していただきたいのですが、

  • 8時30分~17時
  • 9時40分~18時10分
  • 10時40分~19時10分

など色々です。

勤務時間の希望がある方は、看護師紹介会社などに相談をされると良いでしょう。ちょうど良い時間帯での求人が他にある場合には、求人の提案をしてもらう事が出来ます。

残業ほぼ無し

献血ルームは受付終了時間が決まっています。急患が運ばれてくる、といったこともありませんから基本的には残業無しです。

帰宅時間が決まっているのは、ママナースやプライベート重視の看護師さんにとって、とても働きやすいですよね。

仕事が終わってからの予定も立てやすいので、赤十字血液センターや献血ルーム勤務になってから習い事を始めた、という看護師さんも多いですよ。

献血バス担当だと、行き先などによっては退勤時間が遅くなる事もあります。

精神的に楽

献血ルームの仕事は、対象となるのが「献血出来る健康な人」です。

採血に失敗できないというプレッシャーはありますが、急性期やICUといった職場と比べると、精神的には楽といえます。

業務内容もルーチン業務が多いため、慣れればとても働きやすい職場となります。

教育制度が整っているため、働きやすい

マニュアルが定められている上、教育制度が整っている事も働きやすさとなっています。

赤十字血液センターではプリセプター制度を充実させており、ブランク明け看護師も安心して働きやすい環境を整える事に力を入れています。

そのため育児ブランク明けのママナースの方も多く働く職場となっています。

献血ルームの看護師として働くデメリット

献血ルームで働く看護師としてのデメリットです。

普通の採血よりも難しい

ご存じの看護師さんが多いと思いますが、献血ルームで使う注射針は通常のものよりも太いです。そのため、採血に自信がある看護師さんでも慣れるまでは、難しいと感じる事が多いようです。

採血スキル以外の看護知識などの低下

毎日、注射・採血を行いますから採血スキルはどんどん向上していきます!

しかし、それ以外の看護技術などは必要とする場面が少ないため、献血ルームでの勤務が長くなればなるほど忘れていってしまいます。

将来的に病棟やクリニックなどで働く事を考えている場合には、あまり勤務期間が長期になる前に転職を予定されておいた方が良いかもしれません。

接遇重視

こちらも慣れるまでが大変、といえますが献血ルームに献血のために来られる方はボランティアさん。また来てもらうために、気持ちよく帰ってもらう事も看護師の大切な仕事。

接遇が重視されるのは、他の看護師の職場にはない大きな特徴といえますね。雑談も重要な仕事、といえます。

ルーチン業務に飽きてしまう事も

献血ルームの仕事は、基本的にルーチン業務。単調といえば単調です。そのため、看護師さんによっては仕事に飽きてしまう可能性も・・・。

ルーチン業務が得意、気にならないという方もいますから、そうした看護師さんには向いている職場となるでしょう。

どんな仕事にも、向き・不向きはありますので、ご自身の適性なども考えた上で献血ルームの求人に応募をされる事をオススメいたします。

献血ルーム 看護師の仕事、まとめ

献血ルームでの仕事、求人探しについてなどを見てきました。

どんな職場にもメリット・デメリットがありますし、働き方もあります。献血ルームで働くメリットは、やはり「夜勤無し、残業無し」で働く事が出来ることでしょうか。

他の職場でも希望の働き方が出来る事もあるでしょう。透析クリニックなども採血メインの仕事となります。

夜間対応が増えているので、帰宅時間は遅めです。ただ、日勤のみ勤務の看護師募集をしている透析クリニックもありますね。

看護師募集は様々な職場で行われています。

といった看護師求人サイトを活用して、希望の働き方が出来る職場探しをしてみてくださいね。

【関連記事】
ページトップへ