看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

有料老人ホーム 看護師

有料老人ホームでの看護師の医療行為は?

医療行為はどれくらいある?

有料老人ホームでの看護師の医療行為が気になりますよね。

「病院やクリニックと比較して簡単な医療行為が多い」と言われますが、その有料老人ホームの方針や提携病院、協力病院によって医療処置の内容も変わるようです。

医療法人が運営する民間の有料老人ホームもありますし、クリニック併設の施設もありますしね。

医師の指示を受けてナースが行う医療行為として多いのは…

  • インスリンの摂取
  • 胃ろうの処置
  • 血糖値の測定

などでしょうか。

膀胱留置カテーテルや褥瘡ケアに関しても、比較的受け入れている介護付有料老人ホームが多いです。

それに対して点滴や経鼻経管栄養、たん吸引(日中)は受け入れ可否が分かれますし、人工呼吸器、たん吸引(夜間)、IVHに関しては受入れていない有料老人ホームが多いと言われています。

介護スタッフ以外に看護師を雇用する時点で、有料老人ホーム側もある程度の医療行為をナースに期待すると思います。

しかし病院のような医療設備は整っていないため、簡単な医療処置がメインになるでしょう。少なくとも、そのような方針の有料老人ホームが多いですね。

認知症に関しても施設によって対応が変わります。初期段階なら受入れる有料老人ホームもあれば、受け入れ体制が整っていない老人ホームもありますし、それは特別養護老人ホームも同じですね。

重度の認知症の方に関しては、受け入れが難しいケースもあるようです。

介護の仕事に興味がありますか?

有料老人ホームは医療行為が少ない分、長年働き続けると病棟復帰しづらいと言われます。

有料老人ホーム内で行える医療行為は限られますので、「将来的に急性期病棟や一般病棟に復帰したい」と考えていましたら、3年、5年と老人ホームで働くのは避ける方が良いかもしれません。

しかし介護施設の看護師ニーズは年々高くなっていますので、今後有料老人ホームに限らず、サ高住や老健で働きたい、デイサービスやデイケア、グループホーム、訪問入浴の仕事に興味があれば、有料老人ホームは貴重な経験になるでしょう。

看護の仕事だけでなく介助業務に興味があれば、介護系資格を取得しても良いですしね。

介護職員初任者研修は専門学校に長期間通わず取得できますし、その後に実務者研修を取得し、将来的に介護福祉士やケアマネージャーを目指すという道もあります。

中には「有料老人ホームへ転職したけれども、医療行為が少なくてやり甲斐を感じない…」という看護師もいるので適性はありますが、まずは実際に転職して感触を確かめて下さい。

短期間でも有料老人ホームで働けばナースとして視野が広がりますし、適性があれば高いモチベーションを維持できますよ。

ぜひ看護師紹介会社で求人案件を探してみて下さいね。

ページトップへ