看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

出産後の看護師復職で選ばれている職場

育児中でも看護師の仕事がしたい

育児中の看護師の働き方について、色々と調べてみました。

結婚・出産をきっかけに退職。
その後、やっぱり看護師として働きたい!働かないと生活出来ない!(^_^;

と言うことで復職するにあたり、24時間託児所のある病院からの看護師求人を探したり、日勤のみで働ける福祉・介護施設を検討してみたり,時短勤務が可能なパート看護師求人を探したり。

パート看護師としてであれば、昼間の勤務のみで働く事が出来る職場も増えています。

クリニック、訪問看護、デイケア・デイサービスなどの福祉施設看護師としてそうした求人が見られます。

それぞれの勤務可能な条件に合わせて看護師求人を探されたと思います。もしくは今まさに復職しようと求人募集を探している方もいらっしゃるかもしれません。

看護学校がどんどん新設されていますから、今後、看護師は余る?と言われています。しかしまだ数年は確実に看護師不足が続きますから、職場探しは比較的容易かなと思います。

10年後は看護師も今のように超売り手市場の状況から、変わっている可能性は大きいです。復職して、キャリアを再開したい方も多いのでは?と思います。

看護師の復職、どんな職場が多いの?

仕事と家庭、育児の両立って本当に大変!です。

復職するのであれば、違う仕事が良い、という方ももちろんいます。でも、やっぱり給料面でも看護師は高時給、高収入ですし、何より日との役に立つ充実感、仕事のやり甲斐って大きいです。

ですから、出産後に看護師として復職される場合が多いですね。

仕事と家庭、育児の両立って子どもが小さい間は悩みますし、本当に大変。気になったのが復職でどんな職場が選ばれているか、と言うこと。

皆さんどんな職場で復職されているかを調べてみたところ・・・

  • クリニック(日勤のみパート)
  • 検診・健診施設
  • 保育所・乳児院
  • 介護施設
  • 保健所

などが多いようですね。

養護教諭2種免許をお持ちの方だと、学校の保健室という選択肢もあります。実際にそうして復職されている方もいるようです。体力的には病院勤務よりも楽そうですね。

復職時はまだまだ育児のために時間を使いたいので、常勤・正社員としてフルタイムで働く方は少ないです。

日勤のみ週2,3日出勤であったり、時短勤務が可能なクリニック、介護施設での勤務、もしくは都合の良い日だけたまに働く看護師単発バイトという働き方もあります。

夜勤専従看護師として週に1回だけ働く、という看護師もいますね。その方の状況によっては、夜間の方が働きに出やすいと言うこともあるようです。子どもが寝ている間に働くのが今は一番良いので、夜勤専従看護師として働いています、という方も多いんですね。

看護師として復職を希望している方は、状況に応じて看護師人材紹介会社を利用されると良いでしょう。以下も合わせてご覧になってみてください。

ページトップへ