看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

育児に理解のある職場、看護師求人を見つけるには

育児中の看護師にとって大切な、職場の理解

育児中!というママさん看護師にとって、仕事に集中するためには、職場の環境はとても大切ですよね。

「育児に理解のある職場かどうか」

これが育児中の看護師さんにとっては最も大切な部分と言えると思います。

育児の本当の大変さ、というのは自身も子供を育てたという経験を持つ方しか分からないと言えるでしょう。

子供が生まれて少しすると、子供がいなかった頃の生活がもう思い出せないくらいに毎日が忙しいです。

1人目は初めての育児と言うことで、様々な事が不安、心配で気を遣います。体が弱いお子さんの場合もあるでしょう。

2人目、3人目となれば育児に対しての不安などはだいぶ軽減されて(きっちりし過ぎず少し育児に手を抜いてもちゃんと育つことが分かっているので)いますが、人数が増える分、大変です。

急に熱が出た!吐いた!発疹が出た!仕事を休まないと・・・

こんな経験、育児の経験がある方であれば、皆さんあると思います。

朝8時。
食事を摂ったり、仕事の支度をしている時間帯だと思います。

いつも元気な子供が、なんだか元気が無い。顔も少し赤い気がする。
念のために熱を測ってみると、39度。。

「病院に連れていかないと!」

夫は仕事を休めない。私が連れて行かないといけないけれど、今月もう急に休むのは○回目・・・

でも職場に電話しなくちゃ。

ここから、対応が分かれるところですよね。

育児に理解のある職場:
「それは大変!みんなで何とかするから早く病院に行ってあげて!」
育児にあまり理解の無い職場:
「大変ですね・・・でも急に言われると人数も足りないので困るんですよね。出来れば遅れても良いので出れますか?」

前者は子育て経験者(ベテラン)が多い職場に多い対応です。
ベテランが多い職場は1人1人が高い技量を持つ事が多く、1人休んでもそれほど影響を感じさせないことが多いようです。

後者は、比較的若い看護師が多い職場に多い対応だと言います。
1名休むと確実に他の看護師が忙しくなるため、チクリと言われることが多いようです。

もちろん病院やクリニック、介護施設の看護師の人数、勤務態勢によっては1名、看護師が急に休むと厳しい所もあります。

せっかく家庭と仕事を両立させたいと頑張っていても、どうしたって子供は病気になるものです。病院に行かなければならないことだってあります。であれば、育児に理解のある病院などへ転職されるのが良いと思います。

後者のような職場では、遅かれ早かれ、居づらくなることが多いです。実際、そうした環境に耐えられないと、転職をされる看護師さんは多いんですね。

とはいっても、自分自身で育児に理解のある病院を探したり、24時間託児所のある病院を探すのは大変です。

それであれば、看護師の転職を支援するキャリアコンサルタントを利用してみて頂きたいと思います。

看護師求人に関して豊富な情報量がありますし「育児に理解のある職場」という条件で転職先を探す事も可能です。病院によっては院長自身が「スタッフには子育てを優先して欲しい」と考えを持っているため、そうしたバックアップ体制を整えている病院もあるそうです。

こうした情報は、自分自身ではなかなか知ることは出来ませんよね。

まだしばらくは育児を優先しながら、看護師としても働きたい。その際には、サポート力が高いと口コミで評価の高い看護師人材紹介会社を利用される事をおすすめしたいです。

例えば、看護師さんが自分らしく働く事を優先してサポートに力を入れている看護師人材紹介会社としては、

などがあります。
(↑上記は常勤での転職をお考えの看護師さんにおすすめします)

また常勤での勤務では無く、週に2,3日パート看護師として働く事が出来る職場や、子育てしながら働きやすいクリニックなどを探したい看護師さんは、

が便利かと思います。
午前のみ・午後のみなど短時間勤務、土日休み、週に2,3日だけ勤務可能な看護師求人など対応してくれるでしょう。

ぜひご覧になってみてください。

ページトップへ