看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

院内託児所・保育所のメリット・デメリット

育児に理解のある職場かどうか

今はまだ単発バイトや短期といった働き方で育児を中心とした生活をしていたとしても、近い将来、非常勤・パート、もしくは常勤として復職しようかな・・・お考えの看護師さんもいると思います。

看護師の仕事と育児を両立させたい場合、転職先となる病院、介護施設の育児に対しての考え方、育児支援体制はとても気になる所。

育児に理解のある職場、看護師求人を見つけるにはという記事でも書きましたが、まだ子供が小さい間は急に仕事を休んだり、遅刻をしなければならない事も多いです。急に病院に連れて行かなければならない事もあるでしょう。

そうしたときに育児に対して理解のある職場で無ければ、とても大変です。精神的に次第に辛くなってしまう事もあり得ます。

院内託児所や保育所がある場合には、ある程度は育児に対して理解があると考えて良いと思います。

子供がいるママさん看護師が多いと言うことは、育児の大変さを理解している看護師が多いということ。お互い大変さが分かるからこそ、何かあったときには協力し、サポートし合えるというものですよね。

育児をしながら復職をする場合、出来ればこうした院内託児所や保育所がある病院の方が働きやすいでしょう。

院内託児所・保育施設あり病院を探す際には、

24時間託児所あり病院の看護師求人を見つけたい

でご紹介している看護師紹介会社の活用をお勧め致します。

院内託児所のメリット

病院内にあるため、メリットも多い院内託児所。

  • 送り迎えが超楽!
  • 休み時間に授乳が出来る
  • 何かあった時、すぐに様子を見に行ける

同じ敷地内(病院内)ですから、送り迎えは楽ですよね。24時間対応の所もあります。

外の保育所などを利用する場合、保育預かり時間が決まっていて9時~といった所もあります。そうなると、出勤に間に合わないため預けることを断念するケースも。

院内託児所であれば、送り迎えにかかる時間は、ほとんどありませんから時間的な負担がとても少なくて済みますね。

母乳育児をされている場合には、長時間空くと胸も張ってきますし、最悪乳腺炎になってしまう可能性もありますから、出来るだけペースを保って授乳したい方も多いでしょう。

ただし、休憩中の授乳が不可の場合もあるので、確認は必要です。

院内託児所のデメリット

院内託児所にはデメリットもあります。

代表的なものとしては、病院内にあるため、敷地が狭いことが多いです。やはりあくまで患者さんのため、が優先される造りですから、託児所が狭いことが多々あります。

また「預かるだけ」の場合もあり、保育を行わないこともあるようです。

子供の成長には、やはり保育はとても重要です。他のこと関わって色々刺激を与え合い学んだり、外で遊ぶことも大切。そうした保育についての考えから、院内託児所があっても外部の保育園に預けるナースもいます。

このあたりは考え方次第、とも言えますから事前に院内託児所について色々と調べて、利用をするかどうかを決められると良いと思います。

ページトップへ