看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

看護師が結婚後も働きやすい職場

結婚後も働きやすい労働環境を求めて

看護師の仕事はどうしても長時間労働になりがちですし、夜勤もあったりで不規則な生活になってしまいがち。

そうしたことから、独身時代はバリバリ仕事を頑張っていた看護師さんも、結婚・出産を機に働き方を見直す方も多いです。

「結婚後は家事や育児を優先したい」と考える方は、やはりとても多いです。特に急性期病院で働く場合、今の働き方を続けていくのは難しいと考える方は多いですね。

その結果として、退職する事を選ぶ看護師さんもいますし、今お勤めの病院で正職員から非常勤・パートに雇用形態を変更される方もいます。

病棟から外来へと異動を希望するケースもありますね。ただ、外来への異動を希望しているナースが多すぎて、いつ順番が来るか分からない・・・と言うことも多く、こちらはなかなか思ったように移れないこともあります。

看護学校や看護大学を卒業後、最初に入職した病院が結果として、こうした結婚後も働きやすい職場であったり、育児支援に力を入れている病院であった看護師さんはそのまま働き続ける事が多いです。

しかし、そうではなかった場合には、やはり「看護師の仕事は好きだけれど、働きやすさも大切」ということで、結果として、転職を選ぶ事になる場合も多いようです。

育児支援の充実した病院へ転職する看護師も

また、育児中であっても働きやすい制度が整っていたり、育児に対しての理解がある職場へ思い切って転職する、というナースも多いんですね。

病院としても第一線で仕事を頑張って経験も積んできた看護師が退職してしまうのは大きな痛手です。そのため、育児支援制度を整えて戻ってきてもらおうと積極的に制度を整えている病院も増えてきています。

産前・産後の休暇。育児休暇はもちろんのこと、育児中も子供が病気になった日の休暇、就学前の子供がいる場合には夜勤免除、といったような制度などです。

こうした育児支援がある病院と無い病院とでは、働きやすさは全然違ってくるでしょう。

妊娠中の看護師の仕事は、お腹の赤ちゃんを最優先に考えて

結婚後、出産も見据えて働きやすい病院に転職を希望される方も増えているようです。

特に妊娠中は無理は禁物です。お腹が張ってきたら、無理せず横になる。これはもう、本当に大切な事です。

仕事をしていると気が張っていますし、次から次へとやることがありますからつい自分のことは後回し・・・となってしまう事もあると思います。

妊娠中も仕事を頑張りたい気持ちも分かりますが、流産、早産といった可能性もあります。万が一と言うことも十分あり得ますから、お腹の赤ちゃんを最優先で考える事が本当に大切です。

育児経験者の多い病院で働くと、こうした時も気兼ねなく休めるようにお互いがサポートする雰囲気が出来ています。これから子供を考えている、という看護師さんは予めこういった理解のある職場へ転職をする事も検討してみても良いと思います。

特に今の職場には若い看護師が多くて、育児に対してあまり理解が無いかも・・・と思える場合には、しっかり考えてみると良いのではないでしょうか。産休が取れるのであれば、しっかりお休みされると良いと思います。

もしこうした結婚後、出産後も働きやすい病院へ転職をすることも考えている、という場合には情報をどう入手するかが大切となりますね。看護師の求人情報を見ても、十分こういった部分で情報が掲載されていないことも多いです。

こうした情報を得るには、転職支援を行っている看護師紹介会社の利用がやはり便利でしょう。

など、利用者満足度が高く、看護師求人の情報量が豊富な紹介会社を利用することで、育児支援制度が充実した病院の看護師求人などを優先して紹介して貰う事が出来ます。

もし転職も含めて、働きやすい職場探しをしたいとお考えの看護師さんは、こういったサポートでも高い評価を得ている看護師紹介会社を利用して、情報収集をされることをおすすめしたいと思います。

ページトップへ