看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

看護師 出産後の働き方 日勤パートとして復職

時間の融通が利く日勤パートとして働く

ナースの出産後の働き方として、日勤パートでの復職がありますね。

看護の現場から離れている期間が長いと仕事の勘が鈍ることがありますし、常勤は難しくても日勤パートなら復帰できる方もいらっしゃると思います。

日勤パートは時間の融通が利きやすい働き方ですし、常勤のように夜勤がない分収入は下がりますが、育児と両立しやすい雇用形態と言えるでしょう。

将来的に看護師が余る時代が来ると予測されてはいますが、まだまだ看護師求人は探しやすい状況にあります。常勤の正社員以外に非常勤・パート、単発アルバイト、一般派遣や紹介予定派遣など多様な求人が募集されていますし、日勤パートも全国的に見られますね。

2015年、2016年と日勤パートの募集が極端に減ることは考えにくいので、出産後の働き方として仕事も見つけやすいのではないでしょうか。

求人の詳細情報を知るためには

好条件の看護師パート、高時給の日勤の仕事を探すには、看護師紹介会社の非公開求人を含めて求人探しを行ってみて下さい。

ハローワークでも仕事は見つかると思いますが、その求人案件の詳細情報までは分からないんですよね。育児と両立する上で残業の有無が気になりますし、主婦業に理解ある職場かどうかも大切なポイントです。そのような理解があれば日勤パートでも働きやすいと思いますし、看護師紹介会社を利用すれば気軽に聞くことも出来ますよ。

働いてみなければ分からないことも多いですが、少しでも働きやすい病院や介護施設を希望することで、入職後のミスマッチを避けられるかもしれません。

看護師紹介会社は無料で活用できますので、まずは会員登録から行ってみて下さいね。

ナースの仕事は他の一般的な仕事(たとえばオフィスワーク)よりも子育てと両立しやすいと思います。デスクワークのOLさんは育休産休のハードルも高く、育児に理解ある会社もまだまだ少ないです。

結果的に退職して出産・育児を行い、落ち着いた頃に仕事復帰しようと思っても、独身時代に築いたポジションや職種には復帰しづらかったりするんですよね。

その点、看護師の資格があれば病棟や外来、デイサービスや有料老人ホームで働きやすいですし、日勤パートの仕事も探しやすいです。

パートから常勤へ転職したり、派遣として働くことも可能なので、まずは実際に仕事探しを行ってみて下さい。全国多数の看護師さんが転職求人サービスを利用していますよ。

ページトップへ