看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

子育て中だからこそ、看護師短期・単発バイトで稼ぎたい

子育て中の看護師バイト

子育て中にも働く看護師さんは多いです。このページをご覧になって頂いている看護師さんの多くも、もしかすると出来るだけ早く仕事に復帰したいと考えていたり、少しずつバイト、パートで復職し始めたいとお考えのかもしれません。

「結構生活費が厳しくて、早く働きたい」
「子供は可愛いけれど、仕事も好き。うまく両立して働きたい」

個人的にはやはり1歳過ぎくらいまでは育児中心の生活をされた方が良いかなと思います。子供が小さい時って、あっという間に終わりますし、その頃の愛情の注ぎ方はその後の親子の信頼関係にもとても大切だとも言われます。

ただし現実問題として「私も働いて生活費を稼がなくちゃ!」という必要があるご家庭もあるでしょう。

ただやっぱり、常勤として働くのは難しいですから、1日単位で働く事が可能な看護師単発バイトなどで時々アルバイトをされる方が多いですね。

単発・スポットでの看護師バイト求人にも強い看護師求人サイトがありますから、そうした所を利用されると状況に合わせて働きやすいお仕事を見つける事が出来るでしょう。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

ベネッセMCM

などは看護師単発バイトの紹介も対応してくれますし、中には午前のみ・午後のみといったように、半日で終わる仕事もあります。半日で終わるお仕事であれば、負担も少ないですから良いですよね。

訪問入浴や健診・採血バイト、有料老人ホーム、デイサービスなど介護系のお仕事で半日勤務の求人は多いといって良いでしょう。ただ、全体的に見るとやはり求人数は少ないですし、人気があります。ですから、見つけられたら早めに応募を検討されると良いと思います。

出産後の看護師の働き方、復職のタイミング

出産後の看護師の働き方として、復職のタイミングは人それぞれ。早い方だと、出産後6ヶ月くらいでバイトやパートとして、少しずつ復帰する看護師さんもいます。常勤として働いていたナースの場合には、産休・育児休暇として1年くらい取れる事が通常ですから、1歳過ぎに復職する場合が多いと思います。

ただし、出産を機にそれまでの勤務先を退職してしまうケースもありますから、そうした場合には新しく働く復職先を探す必要があります。

とはいえ、まだまだミルク・母乳を必要とする時期ですし、乳児がいてのパート看護師求人探しはなかなか厳しい事もあります。

採用する病院側としても小さな子供のいる看護師は積極的に活用したいけれども、やはり生後半年と1歳、2歳といった年齢の子供とでは母親である看護師の働き方もかなり変わってくるもの。乳児はまだまだ2,3時間起きにミルク・母乳をあげなくてはなりませんし、母親でなければ泣き止まないこともありますから、採用しにくいと考える採用担当者も多いと思います。

そこで次の職場が見つかるまで看護師短期・単発バイトで、子供を家族が見てくれる都合の良い日だけ働く、という事で仕事をする方法もあります。

週に1日、2日くらいなら家族(両親、夫など親類含め)が見てくれる、という場合には先ほどもご紹介したような、看護師紹介会社を利用して単発・スポットでの求人を紹介してもらうと良いでしょう。

ページトップへ