看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

育児中の看護師の働き方

時短OKクリニックか健診センターで復職したい

復職先として働きやすい職場、勤務時間は?

ブランクからの復職で考えることは多いと思います。残業や夜勤の有無と共に、職場、勤務時間も大切になりますね。

職場として「大型病院、総合病院よりも、個人経営のクリニックで働きたい」

勤務時間として「夜勤ありのシフトは厳しいから、日勤で働ける健診センターで働きたい」

などの希望をお持ちではないでしょうか?

「ブランク明けすぐに急性期病棟で働くのは恐い…」とお考えの看護師さんも多いですね。

やはり医療の現場は日進月歩ですし、2年~3年離れていれば、仕事の勘を取り戻すまでに時間が掛かると思います。最新医療に追い付くため、自主学習や研修が必要になるかもしれませんし、仕事漬けの日々が始まる可能性もあるでしょう。

それでも看護師として明確な目標があり、「再び最前線でがんばりたい」と思っていれば別ですが、結婚、出産、育児を経ての看護師復帰となれば、プライベートが犠牲になる働き方は避けたいですよね。

時短勤務OKのクリニックや健診センターなら、上手にワーク・ライフ・バランスを取りやすいのではないでしょうか。

どちらも夜勤なし、日勤で働けますし、残業なしの求人も多いですよ。

健診センター・時短OKクリニックで働くには?

健診センターは主に健康診断を行っている医療機関ですね。

平日の日勤が基本なので、夜の時間帯に働くことはないでしょう。土日休みならプライベート重視で働きやすいですし、家族と時間を合わせることも出来ますよね。

また、健診センターはブランクから復帰しやすいと言われます。仕事内容も採血を中心に、身体計測、視力、聴力などの各種測定ですし、高度な医療技術は求められないのではないでしょうか。

ただし注射が苦手な看護師さんは苦労するかもしれません。逆に言うと「採血が得意なら健診センターで復職しやすい」と言えるでしょう。

時短OKのクリニックは一律ではありませんが、たとえば美容皮膚科で復帰したいとお考えの看護師さんも多いですね。その場合は接客、接遇の意識が大切になるようです。

他にも、内科、小児科、眼科など、希望するクリニックによって求人内容も異なりますから、まずは看護師紹介会社で相談されて下さい。

午前中のみ、お昼のみの時短勤務に対応しているクリニックもありますし、そのような労働条件ならブランクから復帰しやすいですね。

ページトップへ