看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

パート看護師として働く

パート看護師として扶養範囲内で働きたい

扶養範囲内、パート看護師として働きたい場合

結婚後の看護師としての働き方、出産後・育児休暇からの復帰時にそれまでの看護師としての働き方を考え、パート看護師として働く事を希望される方は多いですよね。

子供が小さかったり、親の介護が必要であったり。仕事を最優先に出来ない事情がある場合、働く時間を調整しやすいパートとしての働き方は助かりますよね。

完全に退職してしまうと、今後のキャリアを考えてもブランクが出来てしまいますし、生活費としてもパート看護師として稼ぐ給料があるか無いかでも大きく変わってきますよね。数万であっても、給料が有るか無いかは大きいですよね。

「子育てをしながら、看護師としても仕事を続けたい」といった時にはパート勤務が体力的にも、精神的にも楽ですからオススメです。

ただ、いざパート看護師の求人募集を探そうと思っても、利用する看護師紹介会社によっては、あまり紹介がされないこともあるでしょう。

「出来れば多数のパート看護師求人の中からより時給が高いお仕事、好条件、自宅から近い病院などを探したい」
「病棟よりも外来勤務のパートで働きたい」
といったリクエストなどもあるかもしれませんね。

そうした条件で看護師求人を探したい場合、ある程度候補があってそこから選びたい、といったような場合以下の看護師求人サイトが便利です。

パート看護師求人おすすめサイト

パート看護師の求人募集を見つける際には、以下の看護師求人をおすすめします。

中でも【MCナースネット】は単発・スポットの看護師求人の紹介にも対応していますから、急に都合が良い日が出来たのでその日も働きたい、といった場合にも便利です。

採血や注射の少ない職場に勤務した場合、採血スキルの低下が心配な看護師さんもいると思います。時々、健診バイトや採血バイトを単発・スポットですると、スキルは維持できますし、実際そうして看護師単発バイトとしてお仕事をされている方もいると言います。

パート以外にも派遣看護師の求人にも対応していますから、より多くの情報の中から最適な働き方を選ぶ事が出来るでしょう。

病院以外の仕事として、都合が合うのであればイベントナースの仕事もおすすめです。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

こうした看護師求人サイトを活用して、働きやすい職場探しをしてみてください。

ちなみに、病棟でのパートよりも外来勤務の方が何かと楽だと言いますね。もし今まで外来勤務の経験がない方も、紹介会社に外来のパート求人があるかどうか、どんな仕事内容になるのかなど聞いてみると良いかもしれません。

扶養範囲内といっても色々!年収の基準

パート看護師として、扶養範囲内で働くとはいっても、最初にどのくらいお給料を稼ぐのか、どの基準で収めるのかをご主人と話し合っておく必要はあるでしょう。

どの年収で収めるのが家庭にとって得なのか。話し合いの結果、扶養内で収めずに働けるだけ働いた方が得!という結論になる事もありますよ。

ただし、子育てや他の事情などで常勤として働けない看護師さんが多いでしょうから、体力的、気持ち的な余裕など、仕事とのバランスも取りながらある程度楽さを求めるのも良いのでは、と思います。

扶養範囲内で働く際の年収の基準ですが、平成27年1月現在においては、

100万円
住民税が課税されません。
103万円
所得税が課税されません。ご主人も配偶者控除を受ける事が出来ます。
(そのため、103万以下に収める方が多いです)
130万円
健康保険の被扶養者(扶養家族)になる事が出来ます。自分で保険料を納める必要がありません。
(保険料はご主人の方から負担になります)
141万円
配偶者特別控除の対象となります。ただし、ご主人の所得金額が年収1,000万円を超えていると、配偶者特別控除対象外となります。

というように、年収の基準が4つあります。
(課税の基準、控除内容などは変更される可能性がありますから、最新情報は必ず確認してみてください)

ページトップへ