看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

パート看護師として働く

看護師 結婚後の働き方としてパート看護師に

看護師の結婚後の働き方

看護師の結婚後の働き方として、それまで(独身時代)と同じように常勤看護師として子供が出来るまで働き続ける方もいますし、結婚のタイミングで今後の事も考えてパート看護師としての雇用に切り替える方もいます。

結婚相手がサラリーマンの場合、土日祝が休みとカレンダー通りの勤務体制になる事が多いですよね。対して看護師としての自分は日勤、夜勤と勤務が不規則。土日も仕事が多い。となると、新婚生活からいきなり生活の時間帯がずれてきます。

看護師の離婚率の高さの原因として、

  • 自分でも給料を旦那並に稼げる事
  • 仕事が忙しい事によるすれ違い

などが挙げられますから、ここはお互いに努力すべき点かなと思います。

ご主人が看護師の仕事の大変さに理解のある方だと、問題無いのでしょうけれどね。そうであるとは残念ながら限りません。

結婚後になって初めて、ご主人の看護師の仕事への理解度が分かる場合もあるんです。いきなり「夜勤はしないで欲しい」と言われて困った・・・というケースもあると言います。

というか、むしろ家事の分担をしてほしい、と思う方も多いのではないでしょうか。少しずつ家事を手伝って貰えるように進めていきたいですね。

子供のことを考えて、時間的に余裕を持てるパート看護師に先に働き方を変えてしまう、というご夫婦ももちろん多いです。

色々な働き方が出来る看護師という職業

結婚後、看護師の働き方に関しては本当に本人の考え方、そしてご夫婦の考え方次第となりますが、いずれにしても看護師として仕事を続けるのであれば、働き方として色々な選択肢があります。

  • 常勤(夜勤無し、日勤のみ)
  • 常勤(夜勤有り)
  • パート(日勤のみ、夜勤のみ)
  • アルバイト
  • 派遣(短期、長期、単発)
  • 夜勤専従看護師

夜勤無しで働きたい場合には、病棟以外の職場、クリニックや外来や透析室、訪問看護などへ転職を考える方も少なくありません。

結婚のタイミングで一旦退職、より働きやすい環境(家庭と仕事の両立)を求めて転職先として上記を探す方もいます。

職場も今では様々な所がありますよね。病院の他、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、今ではサ高住(サービス付高齢者向け住宅)なども増えています。

病院以外へ転職するという道もありますから、今の家庭の状況に合った働き方で迷ったら、多くのナースの転職支援をしてきている看護師紹介会社を利用してみるのも手です。

ただ、今までの経験を活かして病棟でパート看護師として働く方も多いですね。人間関係の良い病棟だったりすると、やはり引き続きそこで働きたいと思いますよね。

パート勤務だと勤務日数も週に2,3回と少なくしたり、午前のみ勤務など時短勤務も可能でしょう。家庭のこともしっかりやりたい、という方はパートで働き続ける方が多いです。

パート看護師求人も見つけやすい紹介会社

を上記でご紹介していますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

ページトップへ