看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

パート看護師として働く

扶養範囲内・範囲外、パート看護師どっちが得なの?

扶養範囲内・範囲外、どっちがお得?

パート看護師として働く場合、悩む方が多いのが、

  • 扶養範囲内で働くか
  • 扶養範囲を気にせず、給料を稼いだ方が良いのか

といった事ではないでしょうか。

どっちが得かは、ご家庭の状況によりますね。扶養範囲内で年収を納めようと思う場合、勤務時間や日数をかなり気にして調整する必要があります。勤務先任せだと、うっかり扶養範囲内を超える給料になってしまう場合もあるんですね。

特に小規模なクリニック勤務の場合、そうしたシフト調整をする担当者が面倒くさがる場合には「では毎月どれくらい働きたいか、予め希望を出してください」と丸投げされることもあるでしょう。給与計算を外部に委託している場合も多いです。

勤務先に扶養範囲内で働きたいと伝えたから大丈夫、と思わずにご自身で常に計算しておくことは必要ですね。

面接時に「扶養範囲内で働きたいです」「分かりました、大丈夫です」というやり取りがあったとしても、それは短時間勤務OKです、という意味である場合も多く、きっちり時間計算しますという事ではないと考えた方が安心かなと思います。扶養範囲内のパートで働きたい場合には、ちょっとそこは面倒かなと思いますが、仕方ありません。

特にご主人が公務員の場合には、かなり厳しくチェックされますから1年を通して扶養範囲を超えない年収に抑える必要があります。

扶養範囲内で働いた方が「お得」な場合

例えば、ご主人の勤務先で家族手当、扶養手当が支給されている場合には、支給されている金額にもよりますが、手当をもらった方が「お得」な場合は多いでしょう。

その場合、手当支給の基準の多くは扶養範囲内の年収としています。もし超えた場合には、一括返済などの必要がありますから、注意が必要です。

パート看護師としての年収が100万円以下の場合には、妻の住民税も課税されませんから、一番お得なケースも多いでしょう。

課税年収基準があって、

  • 100万円(住民税の非課税)
  • 103万円(所得税の非課税)
  • 141万円(配偶者特別控除の基準)
  • 130万円(健康保険の被扶養者(被扶養者)の基準)

とあります。

100万円以下の場合には、パート勤務をして得る事ができた給料が、そのまま家計の収入になります。

ただ、勤務時間を短くする必要はありますよね。短時間勤務OKのクリニックを探す必要があります。時給にもよりますが午前のみ勤務を週に3,4日といった働き方です。働きたい看護師さんにとっては、逆にストレスが溜まる勤務時間の短さかもしれません。

もし小さなお子さんがいて、勤務時間にも制約がある場合には扶養範囲内で抑えた方が得だと思います。

少しでも超えると税金が増えます。ですから、パート収入は抑えた方が世帯収入は多くなりますから扶養範囲内で収めたいところです。

扶養範囲を気にせず働いた方が得な場合

扶養範囲内で働いた方が得かどうかで悩むのは、やはりご主人の会社から扶養手当、家族手当が支給されるからではないでしょうか。後は健康保険絡み(被扶養者)ですよね。

例えば無理に勤務時間を抑えて、日数を抑えて働く必要が無い場合。週に5日勤務可能でボーナスも支給される場合には扶養範囲は気にせず働いた方が、結果として世帯収入は多くなります。

収入が増えれば、手取りもちゃんと増えます。扶養範囲外になったから税金が一気に高くなるかというと、そんなに引かれるわけでもありません。

一般的には年収170万円を超えるのであれば、扶養範囲は気にせず働いても良いと計算されます。

扶養手当の支給額、その他家庭の出費、看護師として仕事をどのくらいしたいか、など色々な事を考えてパート勤務について決める必要がありますね。大変ですが、最初にご家族で相談して決めておくと後から楽ですよ。

ちなみに、扶養範囲内で働きたい場合、人間関係の良いクリニックなどで働きたい場合には、パート看護師として扶養範囲内で働きたいなどでご紹介しているような看護師紹介会社を利用されると、職場探しがしやすいです。こちらも合わせて活用してみてください。

ページトップへ