看護師の単発バイト、夜勤バイトなどアルバイト求人をお探しの方に役立つ、看護師バイトに関する情報やおすすめの求人サイトランキングなどを掲載しています。

看護師Wワーク

看護師転職で収入減、アルバイト(ダブルワーク)を探したい場合

給与減、収入がへったのでダブルワークしたい場合

今までの病棟での仕事は人間関係も良かったし、お給料もそこそこ良かったので本当は辞めたくなかったけれど・・・家庭の事情などにより日勤のみで働ける職場へ転職した、という看護師さんもいると思います。

夜勤あり ⇒ 日勤のみ(夜勤無し)

へ転職したときに思う事が、やはり給料だそうです。

当然ですが、給料明細を見たときに支給額(手取り)がかなり減っている場合もあるんですよね。

看護師の給料、年収にとって夜勤手当が占める部分は大きいです。その分がなくなってしまうと、分かっていても給料が減ったなぁ・・・と思ってしまうのだそうです。

ただ、予想以上に減ってしまった場合、生活費が足りなくってしまう場合もあるかもしれません。特に介護施設に日勤常勤として転職した場合には残業や手当が少ない場合も多く、こうした事になりやすいと言います。

あと少しだけあったら生活が楽なのに、と言う場合に、ダブルワーク(掛け持ち)で看護師バイトをしようかな、という場合もあると思います。

また医療行為が無くなりますから、看護師としての仕事に物足りなさを感じ、それを補うためにも病院や医療行為のある職場でダブルワークをしたい、という方も少なからずいらっしゃるようです。

副収入がある事で生活も楽になりますし、体力的に楽な仕事でダブルワークをするのであれば、本業に支障が出ることもほとんど無いと思います。責任あるポジションになる事も無いですし、短時間勤務が可能なアルバイト求人も多いでしょう。

もちろん、ダブルワークで看護師バイトを掛け持ちする際には副業についての規定をあらかじめ確認されると安心です。

看護師ダブルワークで働けるバイトを探すには

ダブルワーク可の看護師求人を見つけたい、詳しく情報だけでも知りたい、実際今の職場と掛け持ちして働けそうかどうかしっかり検討してみたい、という場合には以下の看護師求人サイトが情報が得やすいのでご覧になってみてください。

全国対応の分、MCナースネットの方が使い勝手が良い、という看護師さんも多いかもしれません。

ベネッセMCMは関東、関西エリアの方におすすめです。

ダブルワーク可の看護師バイトとしては、デイサービス、訪問入浴、健診(採血メインなど)、有料老人ホームなどがあります。

また、休日にイベント救護(イベントナース)で働く、といったことも出来るかもしれません。仕事の性質上、イベント救護バイトは土日など週末が多いですね。

週1日から夜勤専従看護師として働けるのであれば、1回の夜勤で25,000円など高給与の夜勤専従看護師求人もありますから、かなり補填できるといえるでしょう。

タイミングで色々なダブルワーク可看護師バイト求人が見つかる事がありますので、まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ